読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちはNEWS

ジャニーズは10代のうちに通っておけ

慶ちゃんって呼べない

小山慶一郎ってなんで慶ちゃんなの?

  • このブログでは小山慶一郎を"慶ちゃん"と呼べない同志を常時募っております。
  • 口頭はもちろん、文面でも呼べない方大歓迎。

わかってるんです。そういう愛称があるのも、そう呼ばれて長いのも、みんなが親しみを込めて呼んでいるのも、もはや自然に呼んでしまうのも、わかってるんです。
K.K.Kityの頃の小山慶一郎を見ても、NEWSがデビューしたての頃の小山慶一郎を見ても、「慶ちゃん」と呼ぶに相応しい軽さと可愛らしさがあるのはよくわかってるんです。
もう当たり前の愛称。

増田さんが"まっすー"と呼ばれるように、加藤さんが"シゲ"と呼ばれるように、……ちょっと手越さんは置いとこうか!

とにかく、小山慶一郎は"慶ちゃん"。紛れもなく。



呼べない……。



わたしが小山慶一郎を認識した時はもうニュースキャスターとして確かな地位を築いていて、髪型も髪色も落ち着いていて、31歳で、"慶ちゃん"ってより"小山さん"だった。
どんどん好きになっていろんな部分を知っていった。

フレンチトーストで1日を始めるということを知っても
「僕の愛するシゲちゃんです♡」という紹介の仕方を聞いても
ディズニー関連のぬいぐるみを複数所有していることを知っても

(最近のネタばかりという時点で知識量が伺えますね)
とにかく何を知っても揺るがない"小山さん"だった。


「それでもいいや」、過去の小山さんがいくらチャラかろうと、可愛らしかろうと、リアルタイムで追いかけている小山さんは"小山さん"。
そう思っていたんだけど、気持ちがグラッグラになるほど動揺することが起きた。
QUARTETTOツアーのレポート写真やWS映像でアンコールでの服装を見てしまった。


そう、






うさ耳バンダナでステージに上がる小山慶一郎(32)がそこにいた。







動揺した。ものすごく動揺した。

私の行った初日、札幌公演ではしていなかったはずなんだ。
四銃士の時に横から見た輪郭の美しさで私の足場を引き抜いた小山慶一郎はそんな可愛らしいことしていなかった。愛のエレジーの時に赤を基調とした妖艶かつ男らしいパフォーマンスを見せた小山慶一郎はそんなことしてなかった。
してなかったじゃん!!!!
私が様々なメディアで見たうさ耳バンダナという女子ですら人を選ぶキュートなアレンジ。
それを、あの1984年5月1日生まれ満32歳の男性がしれっと行いしれっと似合い「可愛かった〜♡」と言われる世界って一体……?
いやめちゃくちゃ可愛かったけどさ!?


うさ耳バンダナをつけ、パーカーの裾からTシャツを出し、さらにバンダナでまるでスカートのようにし、その下から伸びる細い脚。
ゆったりとしたパーカーは、上半身に筋肉があるとはいえ全体的には線の細い小山さんの身体をより華奢に見せ、こんな女の子いたら学園祭準備とか絶対楽しいだろうな、と学生でもない私に思わせた。正直錯乱してた。


錯乱した末にふと、「慶ちゃんって呼びたい」と思ったんです。
だってあの小山さんは"慶ちゃん"じゃん!!私が発作を起こしたように漁ってる過去の"慶ちゃん"とはまた違うけど紛れもない"慶ちゃん"だよ!!
いや勝手に呼べよって話なんですが、自意識が邪魔をする。シゲの元へお帰り。


己の中で"小山さん"という呼び方を定着させてしまった以上、"慶ちゃん"と呼ぶには照れもあるしなんかドキドキするし何より私なんかが呼んでいいのかな……。
つい最近まで地方におけるevery.の認知度の低さを体現したような人間だった私がいきなり好きになってお金を落とすのはまぁ等価交換なので良しとして、"慶ちゃん"って呼ぶなんて……そう呼ぶことに対してお金払わなくていいの?タダなの?払わせて。

("まっすー"や"シゲ"と呼ぶのに抵抗がないのはまた別の日考える)(シゲのことも最初はずっと"加藤シゲアキ"って呼んでたけど)



呼びたい。でも呼べない。まだ先は長いしこれから呼べるようになる心境の変化があるかもしれない。でも今のうちに慣れといた方がいいのかもしれない。
日々葛藤しています。



冒頭にもありましたが、

このブログでは小山慶一郎を"慶ちゃん"と呼べない同志を常時募っております。


あと私のような人を出さないためにも地方でもevery.が、小山慶一郎がもう少し多く見られますように。
聞いてるかどさんこワイド、お前だよ!!!!