読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちはNEWS

ジャニーズは10代のうちに通っておけ

29歳を迎えたあなたのことが好きな理由

NEWS 加藤シゲアキ
彼が生み出した、形として残るものたちのインパクトがあまりにも強すぎて、"まだ29歳か"と思うのが正直なところ。
大人びて見えるのは自分を俯瞰で見ることが出来ているから」、誰かが言ってた。まさにあなたのことだと思う。
相応の自信と謙虚さを兼ね備えられたあなたは、無敵だ。

24時間テレビの会見で、"ヨシノリ先生"が自著を読んだことを知り、驚きながらも喜び、目を潤ませていた姿がとても印象的だった。
「読んでくれるだろう」と過度な期待をせず、「どうやったら読んでもらえるか」を考えていたからこその驚き。人に甘え続けるのではなく、自分から行動しようと奮起したのはそういうところから来たんだろう。

前置きはやめだ!使い古されたであろう"年齢の数だけ好きなところを羅列する"がやりたかった。
好きな部分は沢山あれどそれを事細かに説明するとなるとフェチズムに寄りがちになったりこじつけになったりしてしまったのでそれはやめ!好きな理由の羅列!

ソロ曲の演出

  • 初めて見たのはDreamcatcher。正直な感想は「ピンクだ!」。ソロ曲という文化がわからなくて、なんかひとりで歌ってる……ととりあえず見ていた。
  • 2回目に見たのは初めてコンサートでの、星の王子さま。モニターでは、水彩のようににじんだ世界。シュールなバラやキツネや星たち。朗読部分では物語を読み、歌唱部分では読み進めた物語の中へダイブしているようで、"本にワクワクする気持ち"が1曲の中に詰め込まれていると思った。ペンライトが自動制御でよかったと心から感じたすごく素敵な空間。
  • 「これ!オタクが好きそうなヤツ!」と叫んだのはESCORT。表情一つとってもチャーミングで、世界が確立してて、加藤シゲアキにとってソロ曲というものは自らをも利用した創作活動の場なんだと再確認。
  • こういうのがあるってなんで教えてくれなかったの!?」と錯乱し、寒気がし、壊れかけになったのがヴァンパイアはかく語りき。あれとんっでもない。色調変えてくる!?ずるくない!?ESCORTと並ぶオタクに見せたらダメな演出。
  • とりあえず最近のやつだけ……今見返したいのはHAPPY MUSICです♡

ハスキーな声

  • 別記事でも書いてるけど、加藤シゲアキの男臭さ極振りにも、甘さを含んだキメの細かな薄い飴細工みたいな、口溶けのよいものにもなる声が好き。
  • 力んでも力まなくても好き。
  • 淡い歌声の時、力を入れまいとしているからかびっっくりするくらい甘くなるのはずるいと思う。シャララタンバリンの次にアリバイSuperSONICの次にバタフライでもいい。聴いたらめっちゃ面白い。
  • 脱力した声と力んだ声、極端に違うのにどちらも耳ざわりの良い魅力的な声になるって本当すごい!!

いろんな髪型

  • 過去のお写真や雑誌やコンサートDVDなど拝見しましたがどの髪型も素敵すぎる。「なんか違うな」と思う髪型が一つとして無い。びっくりだ。すべての髪型に不満が一つとしてない!!
  • 白い肌に映える黒髪短髪がさっぱりとしつつも可愛らしい。
  • 長髪なんてうっとおしく見えること間違いないのにキレイめで雰囲気のある若いお兄さん(チャラめ)って感じがしてかっこいい。
  • 眉毛も込みで全体的に色素を薄めたようなアッシュ。若々しいアクティブなお兄さん。爽やかに海でサーフィンしてそう。
  • 最近の丸みを帯びたシルエット継続しているのも好き。サブカル女子が好きそう。にわかサブカルの自分はコロッと落ちる。まるいのかわいい。

人見知り(NEWS内比較)

  • 確かに人見知りだけど、最初に抵抗があるだけで、例えば繰り返し利用することで居心地が良くなる場所なんかは好きなのかな?(乗馬の予約は怖いけど一度行ってしまえば、みたいな旨の発言をしていたし)
  • あくまでもイメージではあるけれど、人との交流自体は好きそう。仕事での慣れもあるだろうけど、見識を深める行為が好きだし、人の話を抵抗なく聞けるから"仲を深める"という行為は苦手としてなさそう。
  • 人の思考や行動を先読みしようとしたり、本質部分を見ようとする穿った性格だと無闇やたらに人と関わるのはしんどそうだな、というあくまでもイメ(略)
  • QUARTETTOのどこかの公演で言った「(観客と)近すぎて人見知りするわ!」といい、ネガティブにもなりうる人見知りという部分をネタにしているところ、最高です。
  • テレビ露出の時、観覧で入ってる人達に人見知りする男。
  • 人見知りしない2人とアイドルスイッチが入るとファンはみんな彼女という特殊な1人で構成されたグループにいると人見知りが余計際立つね。

お客様相談窓口

  • 今どきのアイドルはクレーム処理もするのか、という衝撃のSORASHIGE BOOK。
  • 矢面に立つようなことは一切しなくていいはずなのにあらゆる疑問に答えてくれた。クリエイターとして、何かしらのファンである者として答えてくれたように感じる。
  • もちろん今後の方針の参考としても有効活用されるだろうけど、何よりあの窓口は「不満や疑問に本人が目を通し、内容次第では返答もする」という事実が何より大切だったのではないかと思う。声が確実に届いているという事実は安心感を与えてくれた。
  • でも「言葉には気をつけてね」という旨の言葉を困ったように話すのを聞いて私は修羅になりかけた。

「シゲだってできるもん!」

  • これは少プレ運動会での台詞ですが、一人称"シゲ"全般、頭をかきむしるほど好き。かわいい。
  • 「かわいい」と言われることを見越して、というより、あのキャラが使いやすいんだと思う。
  • 自分で茶化しながらマイルドにする行為。でも多分あれが普段の限界。ぶりっ子というより幼くなったような。とにかくかわいい。


ノリがいい

  • 普段はテンションが低いなどと言われがちだけど、無茶ぶりにも応えるノリの良さ。(現にテンションの低さを話されている時も"この仕事してるし普通の人よりはノリがいい"と言われているし普段低いのは問題ない)
  • ノリがいいというより空気を読んだ結果おもちゃにされがち。
  • 文句を言いつつもちゃんとやっているし、滑った後のセルフフォローも磨きがかかっていってる。
  • 最近はノリツッコミも磨きがかかっており、バラエティでいじられて欲しいなという欲が出る。

整いすぎた顔立ち

  • "造形美"という言葉がふさわしいほどに整った顔立ち。
  • 綺麗な二重と瞳、通った鼻筋、セクシーな唇、歪みのない輪郭、頬は平すぎず丸すぎず、アラの見当たらない顔。
  • 全方向に対応した顔。正面からも横からも少し後ろからも斜めからも男前。
  • イケメンというより二枚目、男前の部類だから目を引く派手さが特別あるわけではないけど、一度目が合ったら離せない。

喋り方がオタク

  • 興奮するとオタク。早口になるオタク。思考の整理が追いつかなくて少し言葉に詰まりながら話すオタク。……怒られそう……。
  • リア充パリピ2人とマイペースおしゃれ人間の中にサブカルチャーを愛する男がいる!どちらかというとこっち側の人間だ!
  • と思わせてくれるほど、好きなものについて喋っている時の加藤シゲアキはただのオタク。

サブカルチャーを愛する

  • 愛しすぎている。"どちらというとこっち側の人間だ!"と思わせておいてあらゆるジャンルに精通した姿を見ていると"これは知識を生業に出来る人間だ"と目を覚まされる。
  • 映画、漫画、アニメ、音楽、芸術、小説、哲学、ぐでたま、料理、釣り etc...
  • 執筆活動やアイドル活動、タレント活動に俳優活動、あの忙しい中でどう時間配分して知識を取り込みアクティブに活動しているの?
  • ショートスリーパーなのかと思ったらよく寝る子だと知った時の"加藤シゲアキの一日は本当に24時間なの?"

ネガティブなものを避けない

  • 過去の話を見ながらそう感じた。普通なら避けがちな"昔の話"。グループとしても、"加藤成亮"としても。中にはまだ癒えていないものだってあったはずだ。
  • 「シゲは三番目に好き」の発言であまり耐久値は高くないように感じる。
  • ただ、対峙してしまった以上逃げられない、という腹の括り方はすごい。
  • 吹っ切るのではなく自分なりの形で対峙していく。生々しさを感じるし、時にそれが痛々しくもあるけれど、彼に必要なのは、他者が用意すべきなのは逃げ道ではなく傍観なんだろう。偏見だけど、考えることから逃げられない性質の人は自ら答えを出さなければ完全に納得できないことが多い。

ダン

  • 加藤シゲアキの真面目なダンスがとっても好き!優等生!
  • 上手い人は他にもいるけれど、小手先で誤魔化さないようにするダンス。ひとつひとつに勢いのある振り。
  • NEWSは皆それぞれ自由に味付けしたダンスをする印象だけど、加藤シゲアキが一番正答に近いのでは、と思う。レシピ通り。でも丁寧に作り上げられたものだから美味しい……美味しいんだよ……。

視線の魔術師

  • と、勝手に呼んでる。初めて思ったのはTOUR WHITEBlu-rayでのMr.White、最初の「(真っ白な世界から始めよう)Mr.White」の瞬間、そのタイミングに合わせて視線をふっと上げたのを見た時。かっこよかった。
  • 以来、コンサート映像や歌番組露出の時に加藤シゲアキの視線を追ってしまう癖がついた。その先にかっこいい姿があるかもしれない、と。
  • 単純に加藤シゲアキの伏し目が美しいからかもしれないです……。

豪快に食べる

  • ビビットで食べる美味しいものはもちろん、カラスや果てはイルカの乳まで食す。恐る恐るではなく勢いよく。ワイルド。
  • 食べた瞬間に「ウマイ!」というのでメンバーに指摘されがち。
  • ビビットでもそうだから多分ちゃんと美味しいんだろうな。
  • 味蕾へのファーストコンタクトで感想をいう男。

QUARTETTO全曲ライナーノーツ

  • 有料サイトのものなのでふんわりと。
  • アルバム「QUARTETTO」、全曲(各自ソロまで)ライナーノーツを書く男。
  • もともと楽曲を聴かなくてもライナーノーツを読むのが好きなんだけど、ファンになる前、友人に読ませてもらったこれと一緒にアルバム「QUARTETTO」を聴くのが楽しかったので、ファンじゃない人に読んで欲しい。……有料だけど……。
  • あまりの長文に「暇なのかな?」と思ったけどあの人絶対暇じゃない!

自意識の壁

  • 見識を深めるのは好きなのに行動移すとなると自意識が邪魔をする加藤シゲアキ
  • 周りの人の思考すら先回りしてしまいがち。
  • 「ぐでたまは哲学的だから」みたいに理由をつけたものには積極的になれるのに。
  • もこもこパジャマはOK。よくわからない。理由付けにはマイルールが適用される。
  • 自意識がかわいいという初めての感覚。


口元をよく隠す

  • 笑う時によく隠す。手で隠す。パネルで隠す。かわいい。
  • そろそろ語彙力がなくなってきて、ただただかわいい。
  • 先日の志村どうぶつ園では、ハスキーの子犬に顔舐められながら拳を顎の下に置くぶりっ子ポーズ。ナチュラルに出たね。かわいい。
  • 笑うと綺麗な三角形が描かれてかわいいけど、口元を隠す仕草もかわいい。
  • WUソロ表紙の時の「加藤シゲアキってじつは、かわいいんです。」を思い出す。あのコンセプトは……後世に残る素晴らしさ……。
  • メンバーはよく「シゲはワイルド」と言うし、すごくわかる。
  • でもかわいい。

星の王子さま

  • お恥ずかしいことに星の王子さまをきちんと読んだことがないので歌詞には触れないでおく。
  • メロディラインがとんでもなく綺麗で小粒の宝石が星のように輝いてる。でもどこか可愛らしくて、儚くて、胸がぎゅっと苦しくなる。
  • イントロの爪弾かれる星のまたたきのようなギターに音がだんだん増えていき、ストリングスで満天の星空になる。加藤シゲアキの、囁くように繰り返される"Invisible to the eyes"が定着した頃、後に歌詞として出てくるその言葉がより強く光る。
  • 響かせるような低音のポエトリーリーディングからまどろみのように続き、サビで物語の景色を見渡しているみたいな音の広がり方。この順番、花が開く様に似ていてすごく綺麗。
  • サビが音を伸ばしすぎるでもきっかり区切るでもなく呼吸をしながら歌うから、まるで物語の世界の中を歩いている感覚で、本当に何から何まで素晴らしい。
  • メロディがもうとんでもなく好き。この曲に出会えてよかったってくらい好き。

ちょっと抜けてる

  • あんなにしっかりして見える加藤シゲアキがいろんなものを壊し、階段ではコケる。あんなにしっかりして見えるのに!
  • 思考的なものは小山さんの天然や手越のちょっと固い頭、逆に柔らかすぎて脈略が掴みづらい増田さんの頭の方が不思議だなと思うけれど、行動というか、注意力散漫
  • 何度もいうけど"とっつきにくい人"だと思っていたのでツッコミどころを見つけると途端にかわいい!
  • でも階段でコケるのは危ないから本当に気をつけてね。

コンサートでの不意打ちのクサい台詞

  • 言った後に照れているけど、でもまっすぐ前を向いて笑ってる。その姿が凛としていて好き。かっこいい。
  • 気分が高まった時に出る言葉は心からの直行便だと考えているので、それが愛の言葉だった日にはもう言葉を忘れただの興奮した猿になる。 
  • どうも、猿です。

テレビガイドパーソンでの発言

TVガイド PERSON VOL.45

TVガイド PERSON VOL.45


  • テレビガイドパーソン Vol.45での発言を最後に持ってきたかった。最近のものではあるけど、最近ファンになった者としては最近の加藤シゲアキの発言がやっぱり大きくて。
マインドが普通の男の子だったから、メインストリームよりサブカルチャーに惹かれる自分がいて。そうなると好きなものと、やっている仕事とのギャップをなかなか受け入れられないんですよ。
"こんなの俺じゃない"と突っぱねていたら何も残らない。そもそもやりたくないことも一生懸命やってきて、できるようになれば、やりたいことになるじゃんって。
あと、やりたいことがあるからって仕事を辞める人たちを見た時、違うなと思ったんだよね。否定するわけじゃなく、俺はそう思わないって意味で。

  • 「なんでこんなにサブカルチャーに傾倒している人がアイドル、しかもNEWSみたいな王道を突っ走るアイドルをやっているんだろう?」という、ずっと思っていた疑問が、これを読んだ瞬間解消された。
  • たった3ページのインタビューだけど、大好きでたまらない。ひたすらに何もかもに貪欲ですべてを糧にしようとする姿がかっこよくて仕方なかった。
  • あと写真がとにかく最高だから興味が出たら買って欲しい。引用文はあくまでも抜き出しただけだから全文読んで欲しい。買って。

以上が沢山並べてひたすら削った加藤シゲアキの好きなところ。29個考えながら途中まで打ち込んだけど、「マグロ」という項目が出来た瞬間、"数を意識してひねり出すのは違う"と気付いてただの加藤シゲアキ大好き記事になった。
マグロは釣って欲しいしマグロを釣りたいと願う加藤シゲアキのこと大好きだけど、私はマグロを釣りたいと願う加藤シゲアキが好きなのであってマグロを釣りたいと願うから加藤シゲアキが好きなわけじゃないんすよ……そこじゃない……。


加藤シゲアキさん、29歳の誕生日おめでとうございます。一年、また一年と刻むあなたの長い道のりの中、お祝いできる時間が私の中に存在すること、とても嬉しいです。
多忙の中だとは思いますが、できる限り無理せずご自愛なさってください。
あなたとあなたが愛おしむすべてに幸福が降り注ぎますように。