読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちはNEWS

ジャニーズは10代のうちに通っておけ

24時間テレビ(1年ぶり2回目)

決まっちゃった…。

 

Twitterのタイムラインを見てると「嵐にしやがれにて今年の24時間テレビパーソナリティ発表」の文字が。応援しているNEWSは昨年選ばれたし、夏駆け抜けたし、遠いところの話として「誰になるのかなぁ」なんてぼんやり思っていた。

…思っていたら、シルエットが発表され、「小山・櫻井・亀梨の日テレジャニーズキャスターでは?」という予想を見て信じられなかった。でも後頭部を映した映像を見ると見覚えのある耳。信じたくなかった。

気になって家を出る時間ギリギリまでテレビを見ていると、パーソナリティとして発表されるときの「え?グループじゃなくこの3人!?って驚きました」の文字に、抱いていた不安が諦めに変わった。…かっこいい歩き姿だなぁ、小山さん…。

 

というわけで、今年も自担が24時間テレビのために奔走するので、私も夏をここにかけます。

 

素直に喜べるかと言われたら、予想の時点でヤダヤダ連呼してちょっと泣いてた。四半世紀は生きた大人が駄々をこねるなんて恥ずかしいにも程がある。そんなのわかってるんだよ!!

わたしは昨年ジャニオタ(というかNEWSのファン)デビューをし、その年にNEWSが24時間テレビのパーソナリティ決定というすごくタイミングのいいオタクだった。ジャニーズ所属のアイドルグループが好きなら24時間テレビを追いかける可能性をほとんどの人が持っているはずだ。いずれ来るかもしれない出来事がもうノリに乗ってるオタク1年目にやってくる。勢いに任せて追いかけられる。

右も左もわからないまま24時間テレビを待ちわびていたけれど、蓋を開けてみれば(NEWSが)多忙の日々。こんなに忙しいんだ…と目からウロコ。はたらくのがきらいなので、もりもり働くNEWSを見ながら「頑張って」としか言えなかった。

色んなことがあったけど、結果として無事に24時間走りきることが出来、私の夏も終わり、「お互いゆっくり、とはいかないけどあそこまでの忙しさはなくなるね。これからの活動も楽しみだな!」なんて思ってたんだ。小山さんが体調を崩し声が出なくなったこともあった。でももう治ったから、アルバム出てツアーもやってるけど調子は良さそう、よかった!なんて安心してた。

 

NEWSファン2年目。これだよ。

 

24時間テレビ自体に不満があるわけでもない。小山さんがグループとしてだけではなく個人としても自信を得られ、日々努力し向き合っているお仕事が選出の理由であろうこと、なんて誇らしいんだろう。

私がいい大人の駄々っ子と化したのはそこじゃない。「多忙さ」、そして「グループ活動への影響」。

グループとして向き合った昨年は24時間テレビから来る忙しさも平等で、変ラボなんていう24時間テレビありきのレギュラー番組もできた。それが個人になったら?と考えると不安ばかり。

何より忙しさが怖かった。昨年末、「身体は元気なのに声だけが出ない」という唐突な症状に見舞われた彼に気が気じゃなかった。身体に出る、という前例が出来てしまった以上どうしても心配してしまう。気をつけて避けられるものならまだしもだ。

正直一晩たった今だって不安でいっぱいで、こんなにも喜ばしいことなのに素直に「おめでとう」を言えない自分が腹立たしい。過保護かもしれない。過保護で結構。私には小山さんのキャパシティをきちんと知ることなんて一生出来ない。これからこの企画がどう動いていくか知り、納得した上でやっと安心を手に入れられる。

 

と言いつつ、見返した嵐にしやがれで凛々しい立ち姿を見せる小山さんはどうしたってかっこいいし、スポーツ新聞で櫻井くん・亀梨くんと並ぶ姿もかっこいいし、お仕事が認められてるってことだから小山さん絶対嬉しいだろうなって考えるだけで心が少し和らぐ。小山さんのことがどうしようもなく好きて全肯定したいし小山さんが嬉しい時は私も嬉しい。私は小山さんを好きになってから一度たりとも後悔したことなんてないし、この愛しい気持ちが緩むことはなくただひたすらに高まるばかりだ。散々駄々っ子しておいて、心のどこかで「小山さんがたくさん見られる」とちょっと浮かれてる部分もある。

 

昨年、シゲのクラウドにあった

僕はそんなに弱くありません。NEWSもそんなに弱くありません。

という言葉を何度も何度も繰り返し唱えて、なんとか不安を押し殺そうとした。不安でいっぱいの時にガッチリ支えてくれたこの言葉が私は大好きだ。NEWSの中のひとつである小山さんもそんなに弱くない。きっと大丈夫。

 

泣き言を言っていた嵐にしやがれ放送直後、NEWSファンじゃないけれど話をよく聞いてくれる子に「小山さんを信じるしかないよ」と言われた。全く関係ない仕事中、避けたかった、でも決まってしまった出来事を心配された時、「決まった以上やるしかないじゃないですか」と口にしてハッとした。そして小山さんは何したってかっこいい。これが今回の24時間テレビに対する心構えの全てなのかもしれない。

頭でわかっていることを心で受け止めるためまだちょっとだけかかりそうだけど、とりあえず外付けHDD導入を心に決めました。あっなんか今なら心から言えそう!小山さんが先輩方と乗り越える夏、私もちょっとだけお供させてね!

改めて、小山慶一郎さん、24時間テレビパーソナリティ抜擢、おめでとう!

 

よっしゃ!!!!どっからでもかかってこいや日テレ!!!!!!!!!!!!