読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちはNEWS

ジャニーズは10代のうちに通っておけ

語る相手がいません

日々NEWSにいろんな部分揺さぶられてるけど友人を壁打ち相手にして困らせて人間関係疎遠になりたくないからここに並べる。疲れたらやめる。


       

曲がいい

めっちゃいい。とにかくいい。
しっとりとしたバラードもあれば目玉が飛び出るほどかっこいいロックもある。
王道キラキラアイドルポップスもあれば最高のEDMもある。
アンニュイなおしゃれな曲もあればナンパしてる。
胸が苦しくなるほどキラメキがこぼれ落ちそうな曲もあればふんわりTouchしてくる。
深夜バスに乗ったと思ったらインドに行って、かぐや姫に求愛したと思ったら「我らは ""One For All,All For One"」とか女が入れないような超男らしいことしてる。


KAGUYAチュムチュムにはしゃいでSuperSONICWonderで倒れ込んだので、私には"NEWSっぽい"というのがよくわからない。わからないくらいにいろんな曲があって、心の隙間産業狙い撃ちしてくる。

まぁ、チェリッシュSHOCK MEが同じシングルに、ポコポンぺコーリャDance in the darkが同じアルバムに収録されてるっていうんだから、パブリックイメージとしてはあるのかもしれないけど、全体を通すとNEWSらしい曲っていうカテゴライズはできない。
いろんな人が作ってるんだしそりゃそうだよねー!



歌がうまい

私は歌のうまい人が好き。腹から声を出せる人が好き。ロングトーンが好き。安定感のある歌が好き。

手越祐也の伸びやかかつビブラートの強い歌声が好き。初めて生で見た時、なんだったかな、Wonderかな、曲が思い出せないんだけど、彼のロングトーンと歌唱力が引くほど凄かった。ビブラートもロングトーンインパクトが強くて鮮烈に残るよね。
元々の声の高さもあって聴いた瞬間に顔面を鷲掴みしてくるような力がある。
ハッと目が覚めるような歌声が好き。引くほど凄い歌唱力が好き。とんでもなくお歌が上手い。
胸が苦しくなるほど愛なんてが好きなんだけど、あの手越祐也にしか歌いこなせないような曲を持ちつつも、パッション全開、キュートに極振り!な部分も手越祐也にしか歌えないと思う。WeatherNEWSが好きです。


増田貴久は丁寧に響かせ、歌い上げる、という言葉が似合う。男性的ではあるけどまぁるくキメの細かな柔らかい声。
超個人的な考えだけど、NEWSの歌のカラートーンを決めているのは彼だと思う。はね上げるような元気な声でビタミンカラーにしたり、包み込むようなサラサラとした声でパステルカラーにしたり。
手越祐也を「とんでもなくお歌が上手い」と言ったけど、彼もとんでもなくお歌が上手い。でも顔面を鷲掴みというよりすっごい力でゆっくりゆっくり肩つかまれてる。声質や発音もあるんだろうけど。Dance in the darkのいろんな国の「愛してる」を囁くところとかまさに身動き取れない感じ。暁-AKATSUKI-歌っておくれ……。
あと流れるようなラップが綺麗。耳が気持ちいい。


加藤シゲアキはハスキーな声を強くすれば男臭さ満点の男前になるし、弱くすれば儚く優しくなる。ぐわっと勢いのあるラップをさせたい人ナンバーワン。
Boom! Boom! POWERを聴く度「もうどうにでもしてくれ!」って思うんだけど男臭すぎて入っていけない。かっこいい。たまに発作起きるほど好き。
ソロだとカカオDreamcatcherESCORT星の王子さまの3曲のくすぐったくなるような柔らかな声が好き。
クセの強い声だからこそ少し歌い方を変えるだけでガラリと印象が変わる。
シリウスの上ハモこの人かぁ……。(遠い目)


小山慶一郎は抑えきれない気持ち歌わせたらすっごい。絞り出すように歌うなぁという印象。だからこそStarryが似合うんだよ…切ないよ…。更に愛のマタドールベサメ・ムーチョの歌い出しが彼という事実がなにより説得力がある。そういえばSweet Martiniもだ。なんかエロ……色気があるんだよな!まったり酔わせてくるタイプの!
もともと歌が特別下手というわけじゃないけれど、格段に上手くなっていてすごいなって思う。
そういえば、テゴマスが異様に上手いからファンやメンバーや雑誌以外で触れられることが少ない印象なんだけど(ガンガン触れてたら申しわけない)、コヤシゲは声質や発音?なんだろう、とりあえず曲を選ぶ部分はあるけど上手いよね。昔の曲を聴いてもその気持ちは変わらない。
それと最近は彼の声を聞くと胸が苦しくなる。恋かもしれない。それか幸せになって欲しいのかもしれない。




見た目がいい

これ話し始めると止まらなくなって長文に疲れるから軽くにしておこう……。

手越祐也は元々可愛らしいお顔をしていたのにさらに磨かれ「女を落とすために磨かれた顔」になったという印象。線が細いけれどしっかりとついた筋肉。

増田貴久の笑顔は全世界がつられて笑顔になるし、男らしい顔をすると"雌"が生まれる。もう最終兵器レベルなので"まっすーだよ☆"のままでいてくれないと心穏やかじゃない……!
あと彼の恵体が本当に好き。白筋の男。

加藤シゲアキは「女を落とすために生まれてきた顔」かつ「造形美」。顔がとにかくとんっでもなく綺麗で、人の好みという壁を破壊して否応なしに魅了しそう。実際は知らない。わたしは何時間でも見ていたい。

小山慶一郎は涼やかな瞳、繊細でソフトフォーカスかなってくらい柔らかそうな毛先、戦くほどスタイルが良くて、なで肩で和装の似合う男。
every.で和装なさっていて錯乱したけど他にも錯乱してる人がたくさんいたからしばらくはしなくていいからね……心がもたない……。




仲のいい男子高校生(共学)

NEWSを好きになってびっくりしたことの一つに「とんでもなく仲がいい」がある。
4人で何かをする、という姿を初めて見たのが友人にコンサートの予習として借りたアルバム「NEWS」の初回特典と、10周年Blu-rayのDisc3だった。

早朝から釣りをし、ミニ四駆を作り走らせ、甘いものが苦手なわけではないけど…という人と甘いものが苦手な人にパンケーキとエクレアを食べさせ、サッカー選手とフットサルをする。
4人でただ1泊旅行している姿を見せられ、悪戯の概念のようなコヤテゴという関係性を見せられた。テレビでやってたら視聴率いいだろうしパンケーキのところで視聴者がざわつくと思う。

でもその時はまだ「バラエティ慣れしてるだろうし、企画だし……」と舐めていた。ファン用の姿だと思っていた。仲が悪くないにしろここまでではないと思っていた。
「あぁ好きだな、情報集めよう」と、ラジオや過去のエピソードや雑誌や某動画サイトを漁るようになり、そこで受け止めきれぬほどの仲の良さを知る。
ファン用じゃなかったんかい!!!

小山・手越の、悪戯だけではない交友関係の重なりや、主に小山さんの手越に対する甘やかしと手越の「俺のこと好きでしょ?」スタンスにダメな大人を見ている感覚になったり、こう……二人とも夏が似合うなぁと思ったり。(渾身の濁し)

小山・加藤の長い付き合い故の"お互いのことはわかっています"というしれっとしたお互いの情報の出し方だったり、社交性の鬼かつミーハーの塊小山慶一郎と人見知りでオタク気質のこじらせ気味加藤シゲアキという一見水と油なのにお互いを否定しないから上手く乳化していたり、小山さんのシゲ大好きアピール(別名:シゲ担マウンティング)がすごかったり。
……シゲ担マウンティングが目立っているけど、加藤シゲアキによる無意識の小山担マウンティングもたまにあるよね……?

派手さを感じる関係性だけ挙げたけど、
  • 春の訪れを感じるような穏やかさがありつつも、小山さんの「まっすーはさぁ……」から始まる話は最終的に増田さんのキャラ設定が誇張されがち小山・増田。
  • さらに穏やかで悪ノリがあまりなく、表現者気質の2人だからこそ通ずるものがある加藤・増田。(増田さんの"ああいうふうにやりたい"というものをシゲが察知し「あの映画のあれでしょ?」と話したエピソードが好き)
  • 言われるまで同い年とわからない上に真逆では?と感じるけれど見てるうちに"同学年っていいな"と思わせる。合作曲もあるよ!手越・加藤
  • そしてテゴマスとして活動している時と同じ関係性が4人でいる時もたまにちらつく手越・増田。手越祐也のテンションフルスロットルの時、突っ込むまたは手越と一緒にいじる相手がいると乗っかるのにそうじゃないと傍観気味なところ。好き。変ラボで手越が作った曲はどれか、という二択を瞬時に当てたエピソードは少し怖い。
シンメというものの根の深さも感じつつ、4人が4人のうちの誰といても楽しそう。……小山さん、メンバーといる時が一番楽しそう……。
かといって男子校のようなノリではなく、共学の、異性を意識した部分もあり教室の隅ではしゃいでいる男子を見ている話したこともない女子の気持ちになれる。
そのグループの誰とも直接的な関わりはないけど声の大きさや行動の派手さで関係性がわかってしまう、そんな感じ。
NEWSが自由にわちゃわちゃしてる姿で私は救われた。だから世界は救われる




対ファン

NEWSのファンって幸せだな!ってここまで堕ちる前にずっと思ってた。ファンはNEWSが好き。当たり前のことだ。NEWSもファンが好き。わかる。しかし愛情と信頼と依存の度合いがすごい。
ファンはもちろんグループありきの存在だし、基本的に応援すれば応援するほどグループの輪郭は色濃くなり、活動の幅が広がり、新しくファンが増える。その繰り返しだ。
ただNEWSは少し特殊だった。
未だに頭の中でどこかの居酒屋の店員さんが「ご新規様、一名入りまーす!」と叫び続けるほど新規の私がその部分を話していいものなのかわからないので、ふんわりと話させて。

次々と人が抜けていった。活動できない期間も短いものではなかった。私には想像出来ないほど、メンバーもファンも不安な時間が長かっただろう。その結果が今の、それぞれの気持ちの重さなんだと思う。

愛言葉の歌詞を読んだ時、「ラブソングみたいだけどやけに出てくる数字やシチュエーションが具体的だし何をヒロインとしているんだろう」とすごく不思議だった。
何を対象とした歌詞なのか知った瞬間、正直こんな簡単に触れていいものなのかと困惑した。軽々しく聴いていたことが申し訳なくなった。
あの歌詞が書かれた時、浮かんでいただろう人達には永遠になれない。気持ちの問題じゃない。あの頃NEWSを好きでいた人達。あの頃NEWSを信じていた人達へのラブソングだ。
その関係性が羨ましくてたまらなくて、なれないくせになりたいって思ってしまった。

一時期、ずっと"ファンになりたい"という発言を繰り返していた。NEWSのファンになりたかった。定義がないものなんだからそんなこと言ったってどうしようもないのにね。

今の私は、過去の作品をたくさん買い集めたし、リアルタイムでの仕事は"一部地域を除く"以外追いかけている。たった三ヶ月の中でファンを自称するようになってしまった。今の状態になってもまだファンを自称できないのなら、じゃあ私は何なんだ!という開き直り。

自分語りしちゃった……。

でもこうなってしまうくらい、NEWSに対するファンの想いも、ファンに対するNEWSの想いも素敵だよ。最近まで外野だったから多分贔屓目じゃないよ。ってお話。
求めてしまうのは良くないことだと言われてるけど、やっぱり気持ちのギブアンドテイクはないよりあった方がもっと楽しいしもっと幸せになれるよね。NEWS好きになったらもっと楽しく、もっと幸せになっちゃったよ。ってお話!!



疲れた!!!まだあるけどとりあえずやめる!!!